FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8687-12.jpg
DSCF8676-12.jpg
DSCF8677-12.jpg
DSCF8678-12.jpg
DSCF8683-12.jpg
DSCF8684-12.jpg
DSCF8685-12.jpg
DSCF8690-12.jpg
DSCF8697-12.jpg
1月12日(日)は、今年最初の日本将棋連盟京都府支部連合会主催将棋大会「第49回支部将棋対抗戦・名人戦・第27回シニア将棋名人戦」の京都府大会が「ひと・まち交流館京都」において開催されました。

参加者は74名。京都山科支部からは支部名人戦1名、シニア名人戦6名が参加。

審判・指導対局は安用寺孝功六段。

大会運営は京都府連・廣田会長以下の役員。

予選リーグ及び決勝トーナメント戦とも、持ち時間各15分切れたら以後一手30秒の秒読みルール。

僕は選手として将棋大会に出場し対面将棋を楽しませてもらいました。

結果は、調子が出ないままに1勝2敗で予選リーグ敗退。

気を取り直して、午後からの指導対局を申し込みました。

安用寺先生には角落ちで指導を受け、午前中の将棋とは別人のようにうまく指せて勝たせて頂きました。

結果は、以下のとおりです。

<支部対抗戦>
優勝・・・・京都府庁支部A・・・京都府代表

<シニア名人戦>
優勝・・・・奥田 進・・・京都府代表

支部名人戦は、準決勝の時に失礼しましたので、結果は後日、京都府連HPをご覧ください。

代表になられた方々は、4月17日(金)・18日(土)・19日(日)に「ザマーカススクエア神戸」において開催の西地区大会に京都府代表として出場です。

大いに活躍されることを期待しています。

運営役員の皆様、ありがとうございました。
DSCF8595-12.jpg
DSCF8570-12.jpg
DSCF8564-12.jpg
DSCF8565-12.jpg
DSCF8573-12.jpg
DSCF8576-12.jpg
DSCF8578-12.jpg
DSCF8580-12.jpg
DSCF8581-12.jpg
DSCF8584-12.jpg
DSCF8588-12.jpg
DSCF8590-12.jpg
DSCF8591-12.jpg
DSCF8594-12.jpg
DSCF8598-12.jpg
12月29日(日)は恒例の「年末多面指し指導対局in園田競馬」へ行ってきました。

11時頃のJR山科駅から新快速に乗ったのですが、なんと大阪駅までは通勤ラッシュの状態でした。

将棋指導対局の先生方は、森信雄七段、大石直嗣七段、竹内雄悟五段です。

午後の指導対局(2回目)では、いい機会でしたので、森信雄先生に角落ちで教えて頂きました。

競馬は「左馬の帽子」をかぶり気合を入れて臨みましたが、馬連馬券は惜しいハズレ(1着・3着)が続きました。

でも、来賓席で見ることが出来、久しぶりに楽しませて頂きました。

森先生、ありがとうございました。
DSCF8135-12.jpg
DSCF8111-12.jpg
DSCF8120-12.jpg
DSCF8118-12.jpg
DSCF8131-12.jpg
DSCF8137-12.jpg
DSCF8143-12.jpg
DSCF8146-12.jpg
DSCF8152-12.jpg
DSCF8155-12.jpg
DSCF8162-12.jpg
DSCF8166-12.jpg
DSCF8167-12.jpg
DSCF8171-12.jpg
DSCF8178-12.jpg
DSCF8179-12.jpg
DSCF8181-12.jpg
DSCF8182-12.jpg
12月1日(日)夕方からは、引き続き「京都平安ホテル」での年末将棋まつり・第2部「年末大パーティー」の開催です。

開会挨拶をさせて頂き、今年1年の新企画将棋イベント(夏休み将棋合宿・天神さん子ども将棋将棋交流大会・こども竜王戦in京都・仁和寺など)を振り返り、関係者の皆様に感謝を申し上げました。

続いて、森信雄七段ご挨拶、指導棋士並びに運営役員の紹介、中尾修七段による乾杯です。

その後は、和やかに歓談。

食事が一段落してから、石川優太新四段への質問タイムです。

昨年の悔しさをバネにしての新四段デビュー。

本人はもちろん、師匠も感無量だったと思います。

素朴な人柄がにじみ出ていて好感が持てる先生です。

続いて、森信雄七段、村山聖を語る。

懐かしい写真をもとに、村山先生の想いやお人柄を語って頂き、今、生きておられたらどうされていたかなぁと思いを馳せていました。

次に、こども竜王戦中学生の部優勝の菊井慶樹君と奨励会4級山下数毅君の対局です。

レベルの高い、見ごたえのあった好局でした。

最後は子ども達がお待ちかねの「忍者ショー」です。

ちびっ子忍者に加えて、森先生のいでたちも板についていました。

盛り沢山なイベントが無事終了しお開きとなりました。
DSCF8102-12.jpg
DSCF8098-12.jpg
DSCF8099-12.jpg
DSCF8103-12.jpg
DSCF8104-12.jpg
DSCF8106-12.jpg
DSCF8109-12.jpg
DSCF8096-12.jpg
DSCF8095-12.jpg
DSCF8087-12.jpg
12月1日(日)朝から「年末将棋まつり」in京都平安ホテルの開催。

会場は、京都御所前!日本庭園のある静かなホテルです。

主催・NPO法人駒文化ネットワーク 

主管・日本将棋連盟京都府支部連合会

指導棋士・・・森信雄七段、中尾修七段、野間俊克六段、石川優太新四段、山下数毅奨励会4級

第1部は、将棋大会(親子大会・・・祖父母OK、個人戦)、指導対局

僕は孫と共に親子大会に出場し、6局指し楽しませてもらいました。

合間に、向かいにある京都御所を散策。
1573369061577.jpg
1573369050647.jpg
1573364746780.jpg
1573353198803-1.jpg
11月9日~10日に「第43回全国盲人将棋大会」が加古川市で開催されました。

初出場の吉岡知輝君は、視力が低下してから約1年半の短い期間の中で将棋に取り組み見事B級第3位に輝きました‼

本人の努力、お父さんの支え、加えて京都山科支部将棋教室での特訓が実を結んだと思っています。

おめでとうございました!

来年は優勝目指して更なる精進を重ねてもらいたいです。

応援しています。