FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3369-12.jpg
DSCF6606-12.jpg
DSCF6594-12.jpg
DSCF6598-12.jpg
DSCF6600-12.jpg
DSCF6602-12.jpg
7月29日(月)は午後より「上方古典芸能を楽しむコト座・落語VS茶道」のイベントに参加してきました。

会場は「阪急グランドビル30階阪急交通社説明会・会場」です。

講師は、落語が桂紋四郎氏、茶道は一般財団法人 今日庵・業躰(ぎょうてい) 松井宗豊氏。

1部は、茶道とは?の疑問を、桂紋四郎氏が松井宗豊氏に質問する形での対談。

業躰は、裏千家(通称)家元の分身として何百年と先人が伝えてきた茶道という道を、自分の身体で体得して伝承していく茶道の指導者で、全国で40名ぐらいの方がおられ、国内外に普及活動で飛び回る茶人。

茶道は、日常にお茶を飲んでいることと同じですが、非日常の空間(茶室、掛け軸、生け花、茶入れ、茶わん、釜など)の中で、季節を感じ、心を静め、お茶を頂くことのようです。

茶道と禅宗はつながりが深い(無の境地)

2部は、桂紋四郎師匠の落語を鑑賞。笑いは、いいですねぇ

夕食は、心斎橋まで足を伸ばし「木曽路」で、しゃぶしゃぶ会席を頂きました。美味しかったです。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/4015-ae4d5dd2