FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6496-12.jpg
DSCF6497-12.jpg
DSCF6498-12.jpg
DSCF6500-12.jpg
7月22日(月)15時からは大宅こども将棋教室。

蒸し暑い雨の中、明後日からの夏休みの影響なのか、児童館では多くの学童のテンションが高ぶっていました。

大盤講座は、1部担当の福山先生に代わり「詰みと寄せについて」問題を出題。

「詰み」とは、どういうことなのかが、分かっていないので、次回は、再度「1手詰め問題」のプリントを用意しテストを行う。

なかなか先に進めないので疲れました。

2部は前回の8枚落ち定跡①の復習と8枚落ち定跡②の解説です。

8枚落ち定跡②・・・上手の王が戦場から遠い「6三王」に囲ったケース。

前回と同じように、棒銀戦法で2筋を攻める→銀を成り2筋を突破する→飛車を成り「龍」を作る→角を成り「馬」を作る→龍と馬で上手の「金」に狙いをつけ、上手王を寄せる・・・「数の攻め」の基本を身につけて、上手王を包むように寄せてもらいたいです。

講座終了後は、対局カードによる対戦と指導対局。

今回も指導対局を募り、2面指しで8枚落ちでの対戦を行う。

2局とも定跡からはずれた指し方で、駒損から局面を難しくし、勝ちにくい流れになり、下手が負けに。

大盤講座での、8枚落ち講座を集中して学び、早く卒業してもらいたいです。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/4011-135d79d4