FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0517-11.jpg
DSCF0516-11.jpg
DSCF0525-11.jpg
DSCF0526-11.jpg
DSCF0523-11.jpg
DSCF0524-11.jpg
DSCF0527-11.jpg
DSCF0528-11.jpg
DSCF0529-11.jpg
DSCF0530-11.jpg
DSCF0531-11.jpg
DSCF0532-11.jpg
DSCF0533-11.jpg
DSCF0534-11.jpg
DSCF0535-11.jpg
DSCF0537-11.jpg
DSCF0539-11.jpg
DSCF0540-11.jpg
DSCF0541-11.jpg
DSCF0542-11.jpg
DSCF0543-11.jpg
10月28日(日)夕方より日本将棋連盟京都府連主催の「藤井奈々女流祝賀会」に出席。

会場は、将棋に関係が深い「庵 山頭火」さんです。

師匠の伊藤博文七段はじめ、畠山鎮七段、野間俊克六段、西田拓也四段、北村桂香女流初段に加えて、サプライズで西山朋佳女王がお祝いに駆けつけられました。

オープニングは増田峰雄さん(民謡先生)のお祝いの唄。

発起人・進行役の廣田会長挨拶、続いて伊藤先生、畠山先生の挨拶のあと、藤井奈々女流2級の挨拶です。

僕は「お祝いの贈呈」と挨拶をさせて頂きました。<挨拶の主旨>

「昨年2月に女流3級でデビューされ、なかなか勝ちに結びつかず、本人はもちろん、ご家族の方々も想像が出来ないほど、大変な苦しさだったと思います。

今年度は、昨年の苦しさをバネにして女流王座戦で本戦入りを果たされ、6月に晴れて女流2級となられました。

女流プロになるという本人の強い信念や決意に加え、ご家族、特にお母様の温かい支えが実を結び、昇級できたことは本当に素晴らしいことです。

これからもプロの洗礼を受けた昨年の厳しさを忘れずに、今まで以上に精進を積んで、納得のいくいい将棋を期待しています。

それと、堅いことを言うようですが、最近は公開イベントやインターネットなどの映像で、対局や大盤解説を観る機会が多くあります。

日本の伝統文化「将棋」のプロとなれば、勝負に勝つことだけではなく、アマチュアの模範となるような、礼儀、対局態度、立ち振る舞い、話術にも努めてもらいたいです。

女流棋士としてこれからも京都の将棋界を盛り上げて頂くと共に、全国に羽ばたいて各棋戦での活躍を期待し、応援しております。」

その後、西山女王の乾杯で宴会がスタート。

宴もたけなわの後、スライドと河内音頭などがありました。また、奈々ちゃん自身が描いた「昇龍・扇子」の引き出物もあり、出席者40数名が満足のいく祝賀会でよかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3759-8440f51f