FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0504-11.jpg
DSCF0508-11.jpg
DSCF0509-11.jpg
DSCF0512-11.jpg
10月27日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

今日は「JTプロ公式戦」及び「テーブルマーこども大会」が大阪市中央体育館メインアリーナで開催の為、参加している受講生がおります。

いろいろな相手と対局することは、棋力向上や対局マナー向上の刺激になります。

大会では、日頃の持てる力を充分に発揮して納得のいく将棋を指してほしいです。

ということで、受講者は1部・6名、2部・5名。

最初に、栗本蒼真14級→13級(3連勝)の表彰。

続いて「年末将棋祭りin京都平安ホテル」の案内(12/8~9)。

詳細は「日本将棋連盟京都府支部連合会」のホームページ確認ください。

大盤講座は、先手・大仲憲治四段(中京老セン常連)VS後手・小野巖五段の公開対局の棋譜を並べ解説。

序盤は、先手が四間飛車、後手が三間飛車の相振り飛車で対峙。

中盤に入り、先手が「9五歩」と端から仕掛けられ、後手は香得になるも受けの展開。

その後、飛車と角・桂の交換で更に駒得を拡大し指しやすさを感じていました。

ところが対局中お互いに気付かなかった筋ですが、局後の検討で「龍切りの大技」「王を下段に落とせ」の格言で後手王が寄りになっていたようです。
その後、先手に誤算があり結果は142手で小野に幸いした一局でした。
対局中は集中して指していたのですが、なかなか納得のいく将棋が指せないことを痛感しました。

大盤講座終了後は、指導対局と対局カードによる駒落ち対戦。
2部の安藤4級、服部悠介4級、服部篤志4級に2枚落ち定跡の指導。

<昇段・昇級記録>
小森敦也四段→五段(18勝1敗)
南 颯馬5級→4級(9勝3敗)

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3758-8e8e3d9b