FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF5727.jpg
DSCF5729.jpg
DSCF5730-11.jpg
DSCF5731.jpg
2月6日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

最初に、羽生善治永世七冠達成による国民栄誉賞受賞決定や藤井聡太五段の大活躍により「将棋」が注目されていますが、海外でも、特に中国・上海で日本将棋が学校の授業に取り入れられているなど、以前から注目されており、毎年「将棋を通じた日中交流」を図っています。

今年は3月下旬より京都府訪中団14名で上海将棋交流に行ってきます。帰国後には将棋交流の様子をお話します。

大盤講座は阪田指導員と共に第67期王将戦7番勝負第3局先手・久保利明王将VS後手・豊島将之八段の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は相飛車で対峙。

中盤で後手が先攻するも後手が咎め駒得を図り、局面を優位に進める。

終盤では先手が手堅く自玉を守り、後手玉を寄せ切った一局。これで、久保王将が2勝1敗とした。

続いて、5手詰め詰将棋問題。最後に、第2回将棋大会開催の参加案内を浜さんより説明。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と、阪田進指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。6名(うち女性4名)の方が受講。「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」と「8枚落ち」での指し方の解説です。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3506-63225f7c