巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1382-1.jpg
DSCF1381.jpg
DSCF1383.jpg
DSCF1384.jpg
DSCF1385.jpg
5月27日(土)午前中は「第28回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。今日は45名が受講。

最初に、将棋界の話題。
その後、文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦京都府大会(6月11日・「ひとまち交流館京都」開催)と第3回夏休み将棋合宿in中川(7月29日~30日・中川小学校)の案内を再度行う。


大盤講座では、攻めるとは・数の攻めの例題を出題。分かれば順番に符号で答えてもらいました。

その後、野々村先生には、自由対局の見守りをお願いし、僕は三面指し6枚落ち指導対局で新規受講者の級位認定を行う。

午後は、山科・小野将棋教室開講日です。

大盤講座は「第7期加古川青流戦トーナメント・先手・竹内雄悟四段VS後手・藤井聡太四段の棋譜を並べて鑑賞。

将棋の内容は、先手が中飛車に対し、後手は居飛車、左美濃で対峙。

中盤では振り飛車が指しやすいと感じましたが、藤井四段の粘り強い受けが奏功。終盤での勝負強さを感じました。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、谷岡光里7級・大岡7級・椿原12級に6枚落ちでの指導。
2部は、山下四段に平手での指導対局です。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3294-0ed68552