巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1358-1.jpg
DSCF1357-1.jpg
5月23日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日です。
最初に将棋界の話題です。

昨日行われた第58期王位戦挑戦者決定リーグ最終戦は、紅組・澤田真吾六段、白組・菅井竜也七段が優勝。

両者による挑戦者決定戦は、6月9日(金)に関西将棋会館で行われます。

棋聖戦挑戦者の斎藤慎太郎七段に続いて、王位戦挑戦者も澤田六段か菅井七段と20代の若手が台頭してきて、将棋界も世代交代が顕著になってきました。羽生三冠とのタイトル戦(棋聖戦、王位戦)が楽しみです。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・柴田さんVS後手・廣田さんの棋譜を並べて解説。
序盤は、先手が居飛車に対し、後手は向飛車で対峙。中盤は先手優勢の局面で、後手が盤面全体に目がいかず「王手放置」。短手数で先手が勝利。

続いて注目の藤井聡太四段18連勝の棋譜を鑑賞。
先手・竹内雄悟四段VS後手・藤井聡太四段の第7期加古川青流戦トーナメント戦です。
将棋の内容は、中盤で竹内四段優勢の局面がありましたが、終盤での藤井四段の粘り強い指し方が素晴らしく、印象に残りました。18連勝も一つ一つの勝負強さの積み重ねと感じました。
初めての将棋教室は「3手詰め問題を出題」して、符号で答えてもらいました。
分からないときは、詰み手順を示し、理解出来るように、ゆっくりと解説。
前回の卒業生については阪田指導員に実戦指導を続けてもらいました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3290-336c24b1