巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1256.jpg



5月15日(月)15時30分からは大宅こども将棋教室2回目の開講日。


最初に将棋教室での「守るべきこと」を竹内君と江口君に大きな声で読んでもらいました。
<基本精神>
将棋は礼に始まり礼に終わる。
<目的>
対局マナーを守り、将棋を楽しみながら強くなりましょう。
<将棋教室で守るべきこと>
1、 大きな声であいさつをしましょう。
2、 出席簿に○をつけ、名札をつけましょう。
3、 休む場合は、必ず事前に連絡をしましょう。
4、 将棋教室で、ふざけて騒ぐのはやめましょう。
将棋を真面目に取り組んでいる人の邪魔になります。
5、 対局は、礼儀正しく「お願いします」の一声で始め、詰まされたら「負けました」とはっきりと言いましょう。勝った人は、相手を思いやる心を持ちましょう。
6、 将棋盤、駒を大切に扱いましょう。
7、 そのほか教室での問題は、先生の指示に従いましょう。

次に「第6回大宅三世代交流将棋教室」のチラシを配布し、参加を呼びかけました。
大盤講座は{王手と詰みの違い」「一手詰め問題」などを解説。

そのあとは自由対局と初心者の指導です。
次回より、集中力を高めるため、テストケースとして2部制を実施することとしました。
1年生の12名を15時15分~45分とし、2年生~6年生の23名を15時45分~16時30分。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3282-2f795e4c