巖ちゃんの日々是将棋

5月2日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日です。今回も5名の方が受講。卒業生を入れると20名を超す受講生です。

最初に将棋界の話題を2つ話しました。
本日は、第75期名人戦七番勝負(佐藤天彦名人VS稲葉陽八段)第3局2日目の全国一斉大盤解説会の開催日です。
京都地区は13時30分より「ひと・まち交流館京都」において、小林健二九段による大盤解説と指導対局があります。当日参加OK。参加費・・・支部会員無料。一般・500円です。サプライズで小林九段の弟子で宇治市出身の北村桂香女流初段にも来ていただきます。
藤井聡太四段が昨日も勝利。公式戦で15連勝と負け知らずです。どこまで連勝記録をい伸ばせるかが注目です。
次に、Yさんからの提言を阪田指導員より話してもらいました。
朝早くから大盤、将棋盤、座布団などの準備をして頂いている方々、棋譜取りを順番にして頂いている方など、みなさんの協力で和やかに将棋を楽しむ雰囲気となり、おかげさまで受講者が増加し感謝しています。今後もいい雰囲気を大切にして行きたいです。
大盤講座は阪田指導員と共に角落ち戦を解説。上手・山本3級VS下手・柴田5級の棋譜を並べて解説。
序盤は下手が自然に矢倉囲いに王を囲ったのに対し、上手は変則的な駒組で対峙。中盤では上手が桂損の分かれとなり劣勢。終盤も下手のそつのない攻めが奏功。上手を投了に追い込んだ一局で上手に力を出させない指し方で下手快勝。駒組の形が優劣を決めた将棋で、形よく指すことが学べたと思います。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。

「初めての将棋教室」では、
「王手について」を「詰み」と比較しながら、ゆっくりと解説。今日は、午後より「名人戦大盤解説会場」へ向かうため、11時に終了させて頂きました。
前回の卒業生については阪田指導員による実戦指導です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3268-6216aa31