巖ちゃんの日々是将棋

4月25日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日です。5名の方が受講。卒業生を入れると20名を超す受講生です。

最初、4月17日(月)に急遽、母(98歳)が亡くなり、18日(火)の教室は、お休みをしたことを話しました。続いて将棋界の話題を2つ話しました。
第75期名人戦七番勝負(佐藤天彦名人VS稲葉陽八段)が第2局まで終わり1勝1敗。
5月2日(火)13時30分より「ひと・まち交流館京都」において、第75期名人戦第3局2日目の全国一斉大盤解説会を開催。
小林健二九段による大盤解説と指導対局があります。当日参加OK。参加費・・・支部会員無料。一般・500円です。

藤井聡太四段「炎の七番勝負」は羽生善治三冠にも勝利。6勝1敗の素晴らしい成績で終了。公式戦では13連勝と負け知らずです。どこまで連勝記録をい伸ばせるかが注目です。

大盤講座は阪田指導員と共に飛車落ち戦を解説。上手・湊3級VS下手・井上7級の棋譜を並べて解説。
序盤は上手が穴熊、下手は矢倉囲いに王を囲う。中盤では上手が角を活用し飛車のコビンを攻める。下手が受けずに玉を囲ったため、桂損のうえ馬を作られ苦戦。その後、下手の緊張の糸が切れたのか飛車をただで取られ、大差の形勢。上手が大きく駒得をして勝利した一局。
序盤で下手が角交換を目指せば、上手陣にスキがあり、下手有望の局面となることや、相手の狙いを未然に受けることを心掛ければ、将棋の流れが変わり、下手が十分に指せる局面でした。序盤での手順前後に気をつけることとが勉強になったと思います。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。

「初めての将棋教室」では、前回に講師をお願いした折立指導員が、今回も時間を割いて指導に来てくれました。
「持ち駒を打つ」「駒が成る。成りについて」を、ゆっくりと解説。

前回の卒業生については、実戦経験を積んでリーグ戦で戦えるようになってもらうため、阪田指導員による実戦指導です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3263-da2cf37a