巖ちゃんの日々是将棋

3月28日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて平成28年度「将棋講座・初めての将棋教室」の最終開講日です。
最初に将棋界の話題。渡辺明棋王に千田翔太六段が挑戦する第42期棋王戦五番勝負第5局の大一番が、昨日、東京・将棋会館で開催され渡辺棋王が勝利。5連覇を果たし永世棋王の資格を獲得。
次に、昨日京都新聞文化ホールで開催の「二段獲得戦」で京都山科支部の岩﨑柊典君(新中3)が、見事優勝の栄誉に輝いたことを報告した。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。角落ち・上手・奥戸4級VS下手・高田6級の棋譜を並べて解説。
序盤は、上手が銀を繰り出し積極的に仕掛けるも、下手が玉を堅く囲い反撃。中盤では下手の攻めが奏功。終盤で上手も王の早逃げで粘るも、下手の堅実な寄せで上手王を詰ました一局でした。勝負所で狙いを持った指し方により、将棋の流れが大きく変わることを学べたと思います。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。

「初めての将棋教室」では、前回に続き折立指導員が時間を割いて指導に来てくれました。
今日は最終日ですので、大盤で6枚落ち定跡(数の攻め・上手王の寄せ方)を解説してから、折立指導員と共に2面指し6枚落ち指導対局を行いました。
4月からは、阪田指導員に見守ってもらいながら、卒業生との対局をスタートします。
それと、新たに「初めての将棋教室(6ヶ月講座)」が4月からスタート。受講生は5~6名の予定です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3247-73a6aea1