巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0062.jpg
DSCF0058.jpg
DSCF0065.jpg
3月7日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。

最初に、阪田指導員が入院のため当分の間お休みの報告。

次に将棋界の話題。渡辺明棋王に千田翔太六段が挑戦する第42期棋王戦五番勝負の第3局が3月5日(日)に「新潟グランドホテル」で行われ、千田六段が勝ち2勝1敗。第4局は3月20日(月・祝)に栃木県「宇都宮グランドホテル」で開催。

第66期王将戦七番勝負第5局は「佐渡グリーンホテルきらく」で開催。挑戦者の久保利明九段が3連勝した後、郷田真隆王将が2勝を返す展開。第6局は3月14日(火)から15日(水)にかけて、静岡県浜松市の「グランドホテル浜松」で開催。

どちらのタイトル戦も、次局は大一番で目が離せません。

大盤講座は、上手・廣田3級VS下手・高田5級の角落ち戦の棋譜を並べて解説。

序盤は、下手が香得の分かれで優勢。中盤で上手が盛り返し互角の形勢。終盤で下手の龍が素抜きになり、その後、下手も頑張るが駒損が大きく上手が下手玉を寄せ切った。

駒は中央に向かって活用することが、遊び駒にならないコツです。持ち駒を使うときは質駒にならないようにすること。大駒の素抜きに注意するなどが学べた将棋でした。

講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。

「初めての将棋教室」は、「攻め合い」「合い駒による詰みと逃れ」の解説です。それと、例題12図から15図までを、次回の教室までの宿題としました。

午後からは、京都府連・西澤副会長(東山将棋センター席主)と懸案事項の打合せで東山将棋センターまで出向きました。三十三間堂横の法住寺に桃と梅の花が綺麗に咲いていました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3226-ed5a07a2