巖ちゃんの日々是将棋

2月28日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。日本将棋連盟は、2月27日(月)東京「将棋会館」と大阪「関西将棋会館」にて、平成28年度臨時総会を開催。総会では理事5名の解任についての議案と議決がされ,、3名の理事(青野専務理事、中川常務理事、片上常務理事)が解任される前代未聞の出来事が起きましたことを話す。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・竹田3級VS後手・田中5級の棋譜を並べて解説。
序盤は、先手が四間飛車から美濃に玉を囲う自然な駒組に対し、後手は居飛車から角道を開けずにカニ囲いで対峙。中盤で先手の捌きが奏功し大差の形勢。ところが終盤での先手の指し手に悪手・緩手が続き、逆転模様になりそうでしたが、後手が勝負手を指さなかったため、先手がなんとか後手王を寄せ切った一局でした。
将棋は、悪手を指しても、それを咎めなかったら、好手に変わることが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「素抜き」「速い手・遅い手」の解説です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3220-fb14beeb