巖ちゃんの日々是将棋

2月20日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。久保利明九段が順位戦B級1組からA級に昇級。あと1名の枠は山崎八段、豊島七段、阿久津八段の最終戦の大一番の結果により決まります。
渡辺明棋王に千田翔太六段が挑戦する第42期棋王戦五番勝負の第2局が2月18日(土)に石川県金沢市「北國新聞会館」で行われ、渡辺棋王が逆転で制し、対戦成績を1勝1敗としました。第3局は3月5日(日)に新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行われます。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・奥戸5級VS後手・廣田3級の棋譜を並べて解説。
序盤は、後手の対応が悪く、先手に「と金」作られ大苦戦も、今度は後手の対応がまずく、せっかくの「と金」を角で取られてしまう展開。中盤は五分の戦いで推移したが、先手の龍が桂馬の利きに逃げたため、龍のタダ取り。その後、指し続けるが先手の駒損がさらに拡大し投了。絶対に「取る一手」を逃すと、いっぺんに局面を悪化させてしまうことが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「矢倉囲いの崩し方」「高美濃と銀冠の崩し方」の解説です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3213-08947975