巖ちゃんの日々是将棋

2月14日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。第66期王将戦七番勝負第4局(郷田真隆王将VS久保利明九段)が昨日から本日にかけて岡山県矢掛町「備中屋長衛門」で行われています。
それと、京都山科支部の藤井奈々さんが、12日(日)の研修会でC-1に昇級し、念願の女流3級資格申請が可能となったことの朗報を話しました。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・鵜頭3級VS後手・孫井1級の棋譜を並べて解説。
序盤は先手が中飛車、後手が向飛車と相振り飛車の戦形。
中盤では、先手が飛車を転換して、いち早く攻めの体制を取り、銀交換をすれば、先手が指しやすかったですが、見送ったため、後手にうまく先攻され、苦しい局面になる。後手優勢で終盤に入るも、先手が王手放置で飛車を下段に引いたため、後手の勝ちとなる。
王の囲い、離れ駒を作らない、飛車を争点に転換して攻めの体制を作る、などが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「王の囲い」と「囲いの悪形」「美濃囲いの崩し方の解説です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3208-aa59e88c