巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9726.jpg
DSCF9736.jpg
DSCF9733.jpg
DSCF9734.jpg
2月13日(月)朝から、大宅小学校の朝礼で「学校支援ボランティア」の表彰を受けました。

部活動(学校支援ボランティア)を10年以上続けている「将棋」「柔道」「卓球」が対象でした。

会議室で待機しているときに、柔道の松尾さんと話していると、なんと小森さんとお友達と分かり、敦也君も柔道を習ったとのこと。
世間は広いようで狭いなあと感じました。

お時間があれば、26日(日)13時~17時、東部文化会館で開催の日本将棋連盟京都山科支部へ「ぶらっと」お越しくださいと、ご案内しました。

その後、表彰式の直前に「どなたか代表で挨拶をお願いします」と副校長より要請があり、何となく僕に回って来ました。

表彰を受けた後、代表して壇上から、表彰の御礼と全校生徒に対し「自分が好きな部活動を真面目に続けていれば、大人になった時に必ず「続けていて、よかった」と思います。
「継続は力なり」です。勉強と部活動をともに頑張ってもらいたいです。」のような内容を話しました。

こどもたちはキラキラした目でこちらを見ていて、眩しかったです。

午後からは大宅こども将棋教室の12回目の開講日。23名が受講。
大盤講座は、将棋で一番大切な駒「王将」の囲い方(矢倉囲い、美濃囲い)を折立指導員と共に解説する。
一部の受講者に集中力がなかったので、再度、朝礼で話したことを言いました。

大盤講座終了後は、お待ちかねの対局です。
折立指導員と共に6枚落ち・8枚落ちでの指導対局を行う。福山さんには平手での指導と自由対局の見守りをお願いしました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3207-7c2e94cc