巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9671.jpg
DSCF9675.jpg
DSCF9677.jpg
DSCF9685.jpg
DSCF9686.jpg
DSCF9692.jpg
DSCF9697.jpg
DSCF9703.jpg
DSCF9694_201702131100412a1.jpg
DSCF9702_20170213110043622.jpg
DSCF9704.jpg
DSCF9705.jpg
DSCF9709.jpg
DSCF9710.jpg
DSCF9721.jpg
DSCF9724.jpg
2月12日(日)の2日目は、9時からスタートです。プロ棋士(伊奈祐介六段)紹介のあと、Aクラス(地下1階)、Bクラス(3階)に分かれての、決勝トーナメントと昇龍戦トーナメントの対局開始です。

伊奈六段による指導対局、5位決定戦、3位決定戦を組み込んで、出来るだけ多くの対局が出来るような配慮がなされていました。

Aクラス優勝戦(地下1階)は、タイトル戦並みに3階のスクリーンに映し出され、伊奈六段の大盤による解説が行われました。

Aクラスの審判をしていて感じたことは、振り飛車対居飛車、相振り飛車の戦形がほぼ70%でアマチュアでの振り飛車人気が根強いこと。
時間いっぱい盤面に集中されていたこと。
相入玉の大熱戦もあり、秒読みが延々と続くのではとの心配をよそに鮮やかに収束されたこと。
など、大きなトラブルもなく予定通り対局を終了できました。

ところが閉会後、Aクラス優勝戦の棋譜は取ってもらいましたか?とのこと、何も聞いてなかったので取っていませんでしたが、急遽、両対局者、伊奈六段、京都府連理事で棋譜の再現を行うハプニングがありました。

2日続いて初めての体験でしたので、帰宅後どっと疲れが出てきました。

夕方、藤井奈々さんより、本日の研修会でC-1に昇級し、念願の女流3級資格申請が可能となりましたとの、疲れを吹っ飛ばす朗報が入りました。ここまで、くじけずによく頑張りました。本当におめでとう。うれしかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3206-d200442a