巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9142.jpg
1月14日(土)の午後は、山科・小野将棋教室開講日です。

大盤講座は、22年前の京滋職域団体将棋大会・決勝トーナメント戦で京都新聞に掲載された、先手・小野(大日本印刷)VS後手・上田(ユニチカ宇治)の自戦記を解説。

序盤は先手が四間飛車から美濃囲い、後手は、居飛車から天守閣美濃で対峙。中盤で、先手が先攻し4筋の攻防で優位に立つ。終盤も危なげなく寄せ切る。

振り飛車党には参考になる、四間飛車の捌きがうまくいった一局でした。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の西村3級、大岡8級、西出10級に6枚落ちでの指導。
2部の西田五段、山下四段に平手での指導です。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3179-c711dc9e