巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9100.jpg
1月7日(土)の午後は、今年最初の山科・小野将棋教室開講日です。

大盤講座は、四間飛車の名局「第63期順位戦C級1組 先手・渡辺明竜王VS後手・千葉幸生五段の棋譜を並べて鑑賞。

先手、4五歩の早仕掛けから定跡通り進行。
中盤での後手「3五歩」からの工夫が気づきにくい妙手。
終盤においても、先手の「3五角」と攻防の角に対し「5七桂成」の成り捨てが絶妙手。
最後も「7三飛」が際どく受けに利いていて、後手玉が詰まない形になるなど、着地も見事に決まり、120手で後手の四間飛車が勝利。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の田中5級に4枚落ち、鬼村5級、若林6級、伊藤10級に6枚落ちでの指導。
2部の山下四段に平手で、藤戸1級に飛車落ちでの指導です。

<昇級記録>
若林朔太郎6級→5級(5連勝)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3172-cbec9e9a