巖ちゃんの日々是将棋

今年もいよいよ年の瀬が押し迫ってきました。自宅の外回り清掃は29日に行い新年に備えました。これから二男家族が孫3人と帰省しますので、久しぶりに長男家族5人も加わり、いつもは2人のところ、元旦は12人と、いっぺんににぎやかになります。嵐の前の静けさです。
今年の将棋普及活動を振り返ってみますと、新たな「ご縁」をいただき、将棋普及の輪を広めることができました。また、日常生活でも、こども達から元気をもらい健康で充実した日々を過ごさせていただきました。
それと、思い切ったリフレッシュの旅も企画、実現でき、公私ともに大いに充実し感謝しております。

先ず、京都府支部連合会としては、
1、定例将棋大会・イベントの開催
①、第45回全国支部将棋対抗戦・名人戦京都府大会・第23回全国シニア将棋名人戦京都府大会・1月24日
②、さなる杯争奪 第41回京都府小学生将棋名人戦・・・2月21日
   指導対局・・・大石直嗣六段、野間俊克六段
③、ねんりんピック長崎2016京都府・京都市交流大会・・・4月10日  審判・・・中尾修七段
④、第29回アマチュア竜王戦京都府大会・・・5月29日  審判、指導対局・・・中尾修七段
⑤、文部科学大臣杯第12回小・中学校将棋団体戦・・・6月11日 指導対局・・・矢倉則広七段、野間俊克六段
⑥、第74期名人戦第2局2日目・全国一斉大盤解説会(安用寺孝功六段)・・・4月23日

2、第4回京都子ども将棋交流大会の開催・・・3月12日 会場・・・しんらん交流館
主催・・・洛和会ヘルスケアシステム、共催・・・日本将棋連盟 京都府支部連合会、京都市児童館学童連盟
後援・・京都市  協賛・・・洛和会丸太町病院、洛和会音羽病院参加者・・・225名(低学年170名、高学年5名)
指導対局・・・脇謙二八段、今泉健司四段、山口絵美菜女流3級  
 
3、第2回夏休み将棋合宿in中川の開催・・・7月23日~24日
将棋を通じた町おこし事業とのコラボ・・・会場・京都市立中川小学校(休校中)・参加人数105名
出演プロ棋士6名(森信雄七段、山崎隆之叡王、中尾修七段、安用寺孝功六段、野間俊克六段、竹内雄悟四段
来賓2名(在田京都市教育長、松本北区区長)、

4、上海許建東将棋倶楽部主催・日中友好子ども将棋交流大会・・・京都府訪中団10名(大人5名、こども5名)    
 4月1日~4日(3泊4日)・・・将棋交流会場・上海市婁山中学校

5、第29期竜王戦七番勝負第1局2日目(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)大盤解説会運営協力
10月16日・会場・京都ホテルオークラ

6、第64期王座戦五番勝負第2局(羽生善治王座VS糸谷哲郎八段)大盤解説会運営協力
9月20日・会場… ウェスティン都ホテル京都

7、ゼスト御池寺子屋イベント(新規イベント)・・・8月12日・会場・・・ゼスト御池河原町広場
「Let"s将棋!!イベント(初めての将棋講座、クラス別将棋大会)」を開催。
参加人数…子ども30名、付き添いの保護者20名、合計50名。

8、福島県会津若松市役所・将棋連盟福島県連訪問  11月16日~17日
大政奉還150年記念イベントの一環として位置付けている、来年3月18日(土)に開催の「第5回京都子ども将棋交流大会」に会津若松市より代表選手2名及び保護者2名を招待する打合せ。

京都山科支部としては、
1、100名支部を継続
皆様方のご支援、ご協力により将棋を通じた異世代交流・国際交流の推進を図り、おかげさまで支部設立11周年を迎えました。2010年8月に支部会員数100名の大台を達成してから、現在も100名支部を継続。

2、第45回全国支部将棋対抗戦・名人戦・第23回全国シニア将棋名人戦西地区大会(4月15日~17日)
会場・・・「ザ マーカススクエア神戸」で開催。京都山科支部が出場・・・100名支部の特典
出場メンバーは、支部名人戦・川崎琢也君、(ベスト16入りを果たし、四段免状を獲得)
支部対抗戦のメンバー山本理久君、西田篤史君、小森敦也君…決勝トーナメント2回戦進出。
シニア名人戦・小野巖の5名。

3、日本将棋連盟・京都山科支部第20回記念将棋交流大会を開催。(9月22日)
  会場・・・東部文化会館  参加人数…69名
 A級優勝・村田祈星四段(高2)、 B級優勝・竹田勉4級(シニア)

4、日本将棋連盟・京都山科支部第19回将棋交流大会(支部設立11周年記念)を開催。(3月20日)
 会場・・・東部文化会館  参加人数・・・64名
 A級優勝・秦昂平三段、 B級優勝・エマミ貴也8級(小4)

5、プロ棋士による指導対局を開催
 1月10日…牧野光則五段、 3月20日・・船江恒平五段・、6月5日…宮本広志五段
 9月22日・・増田裕司六段、北村桂香女流初段

6、第51回京滋職域・団体将棋大会」団体の部に出場。10月2日(日)会場…京都新聞文化ホール
メンバーは、藤井奈々・西田篤史・小森敦也・岩崎亮介・山本理久の5名と補欠に小野巖。
予選リーグ戦を2勝通過。決勝トーナメント2回戦に進出

7、京都府庁支部主催「第8回京都早指将棋団体戦」・・・8月27日(土)
会場・・・京都府庁福利厚生センター3階、京都山科支部として2チーム出場。
Aチーム・・・秦 昂平、小森敦也、中西晃一、寺村功二、Bチーム・・・小森一男、岩﨑柊典、井上 翼、小野 巖

将棋棋道師範としては、
こども将棋教室受講生200名および一般・高齢者50名との将棋を通した有意義なふれあいにより、元気をいただき、年齢を感じずに溌剌と健康な日々を過ごすことができたことに対し感謝しています。
来年も新たなご縁を大切にして、更なる将棋普及活動に励んで行きたいと思っています。

1、第29期竜王戦七番勝負第1局(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)…対局の盤駒提供、10月14日
対局会場…京都嵐山「天龍寺・友雲庵」
盤は、第33期棋王戦第1局(佐藤康光棋王VS挑戦者・羽生善治二冠)の対局に使用し両対局者の揮毫入り。駒は宮松影水作・水無瀬一斉書。駒箱は奥山正直作。駒袋は兵庫県連会長・棋道師範の田畑壽修作。

2、第5回大宅三世代交流将棋教室の開催。会場…おおやけこども園」3階ホール、7月2日(土)
総参加者数80名(うち、子ども40名)、出演棋士…淡路仁茂九段、久保利明九段、(小野巖棋道師範)

3、将棋教室の開講
山科・小野将棋教室・・・72回    受講25名   会場・・・自宅
ももやまこども将棋教室・・・30回  受講50名   会場・・・ももやま児童館
大宅こども将棋教室・・・30回   受講30名    会場・・・大宅児童館
大宅小学校将棋部活動・・・24回  受講10名   会場・・・大宅小学校創造活動室
みぶ身体障害者将棋教室・・・12回  受講10名  会場・・・京都市みぶ身体障害者福祉会館
ノートルダム学院小学校将棋クラブ・・・18回  受講15名  会場・・・ノートルダム学院小学校
初めての将棋教室・・・44回  受講25名   会場・・・山科中央老人福祉センター
どうぶつ将棋指導  受講20名   会場・・・若林保育園  4月13日
源氏杯小学生将棋大会 受講12名 会場・・・源氏の湯  6月12日

4、京都市立陵ヶ岡小学校・将棋クラブ訪問 受講25名  9月21日 稲葉陽八段、小野巖棋道師範
「学校教育への将棋導入推進事業」の一環

5、森信雄一門祝賀パーティー&記念指導対局参加  5月4日  会場…ホテル阪神

6、第28期竜王就位式出席 1月19日  会場…帝国ホテル

来年も将棋普及活動へのご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様、良いお年をお迎えください。

2016年12月30日
公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範  小野 巖(師-15)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3169-f93b14f8