巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8968.jpg
DSCF8967.jpg
DSCF8963.jpg
DSCF8971.jpg
DSCF8973.jpg
12月13日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日。

今日は雨でしたので、徒歩で近くの山科別院やクリスマスの電飾をされているお家を見ながら出向きました。

最初に将棋界の話題。「第2期叡王戦・決勝3番勝負」第2局(佐藤天彦名人VS千田翔太五段)の内容を話す。結果は佐藤名人が勝利。

翌春開催する「第2期電王戦」に出場し、「第4回将棋電王トーナメント」で優勝したソフトとの二番勝負を行う。

それと、第29期竜王戦第7局(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)の大一番は、12月21日~22日に新潟県魚沼市「龍言」で開催。

大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・馬場3級手VS後手・山本3級の対戦。

序盤は、居飛車から角換わりで対峙。中盤で先手の金の動きが疑問。後手が先手の駒組みの不備を咎め優勢。終盤でも後手が堅実に先手玉を寄せ切った。

先手玉の囲いに「壁金」にしたのが敗因。玉形の差が勝敗に直結した一局でした。

その後、5手詰め詰将棋を3問出題。符号で答えてもらいました。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は「駒の働きによる価値を知る」「駒の取り方」「両取り」の例題に沿って解説。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3155-f557a5ce