巖ちゃんの日々是将棋

12月6日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日。このところ受講者が増加し、30名近い方々が大盤講座を熱心に受講されています。
最初に将棋界の話題。第29期竜王戦第6局(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)は明日から2日間に渡り甲府市「常盤ホテル」で開催。2勝3敗の丸山九段にとっては正念場です。
1月開催の王将戦には久保利明九段が勝ち上がり郷田真隆王将に挑戦。2月開催の棋王戦は、千田翔太五段VS佐藤天彦名人と佐々木勇気五段の勝者が渡辺明棋王に挑戦。女流では里見香奈女流五冠が17勝1敗と絶好調。
大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・吉田5級手VS後手・竹田4級の対戦。
序盤は後手の四間飛車に対し、先手も中飛車に振り、お互いに美濃に玉を囲う。中盤に入り先手が自玉の近くで戦いを起こした構想が疑問。後手が流れに乗り優勢。終盤でも後手が堅実に先手玉を寄せ切った。戦いは相手玉の近いところで起こす構想が必要。勝負所では、勝負手を指すように心掛け、相手に楽をさせないことがコツです。
大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は「数の攻め」「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」の例題に沿って解説。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3149-14a22ed6