巖ちゃんの日々是将棋

11月15日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に、昨日開催された第2期叡王戦準決勝(羽生善治三冠VS佐藤天彦名人)の話題です。入玉の凄い将棋で佐藤名人が勝利。決勝は千田翔太五段との三番勝負です。
次に第29期竜王戦七番勝負第4局のお知らせです。11月21・22日(月・火)に鹿児島県指宿市「指宿白水館」で開催されます。1勝2敗の渡辺竜王にとっては正念場です。

大盤講座は、阪田指導員と共に解説。今回は四枚落ちの手合いです。上手・山本3級VS下手・村瀬12級の対戦。序盤は下手が四間飛車から美濃囲いに玉を囲う。中盤に入り、下手が端攻めをするも香損の分かれとなる。その後は上手の見事な指しまわしで駒得を拡大。終盤では劣勢の下手が最後まであきらめずに指し続けた姿勢は素晴らしかったですが、結果は上手が勝利した将棋でした。守り駒より一つ上回る攻め駒の「数の攻め」でないと攻めれば駒損になり、上手のペースになることが分かり参考になったと思います。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は「詰将棋問題の解説」「棋譜の見方」「初手の数・初手の目的」の例題に沿って解説。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3132-40420185