巖ちゃんの日々是将棋

10月25日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日。
最初に、昨日行われた第75期名人戦・A級順位戦4回戦の話題。 先手・羽生善治三冠VS後手・稲葉陽八段が行われ、稲葉八段が勝利。4連勝で単独首位。
初手合いの第2期叡王戦本戦トーナメントでは、羽生三冠が勝利しているので、対戦成績は1勝1敗です。
大盤講座は、阪田指導員と共に角落ち戦を解説。上手・廣田2級VS下手・鳴田4級の対戦。
序盤から中盤にかけて上手の布陣が素晴らしく、そのまま押し切るかと思いきや、終盤で上手に緩手。下手が盛り返し、形勢混沌となったが、下手が駒損の無理攻めがたたり、指し切り模様。その後は上手の堅実な寄せで下手が投了。上手の勝利。
王手をせずに、次に厳しい手で迫る「詰めろ」「詰めろ」での終盤での寄せ方が、学べたと思います。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は7名が受講。「王手について」「合い駒をして王手を遮る」について、例題に沿って分かりやすく解説。
受講生の対戦棋譜取りは脇田初段に依頼。阪田指導員には前回の卒業生へ対局デビュー前の実戦指導をお願いしました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3112-c9071a1c