巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7824-1_20161016212721e7c.jpg
DSCF7829-1_20161016212722c52.jpg
DSCF7838-1.jpg
DSCF7839-1.jpg
DSCF7852.jpg
DSCF7855-1.jpg
DSCF7858.jpg
DSCF7861.jpg
DSCF7862.jpg
DSCF7863.jpg
DSCF7868.jpg
DSCF7907.jpg
DSCF7873.jpg
DSCF7875.jpg
DSCF7880.jpg
DSCF7881-1.jpg
DSCF7884.jpg
DSCF7892.jpg
DSCF7900.jpg
DSCF7910.jpg
DSCF7911.jpg
DSCF7912.jpg
DSCF7916.jpg
10月16日(日)も朝から、懐かしい京福電車に乗って、天龍寺・友雲庵での2日目の対局観戦に行きました。

渡辺明竜王が入室、続いて丸山九段が入室。記録係の中脇隆志初段が1日目の指し手を読み上げ、1日目の局面に再現。

立会人の井上慶太九段が封じ手を開封。封じ手(44手目)は△5七歩成。2日目の対局が始まりました。

封じ手のあと、▲同歩、△3七歩と進み、先手の丸山九段が大長考(140分)。

その間に、京福電車・地下鉄を乗り継いで「京都ホテルオークラ」に向かいました。会場に到着すると、既に大勢のファンが訪れていました。

京都ホテルオークラでは10時から大盤解説会があり、京都府連から理事4名が運営協力(入場受付・指導対局受付・直筆色紙・直筆扇子販売・次の一手仕分け)に携わっています。

出演棋士(青野照市九段、井上慶太九段、福崎文吾九段、佐藤康光九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段、室田伊緒女流二段、室谷由紀女流二段)紹介のあと、大盤解説、指導対局、色紙揮毫・扇子揮毫、次の一手(2回)などのイベントが始まりました。

大盤解説会は、最終的に参加者が250名と大盛況のうちに15時過ぎに終了。

すぐに、地下鉄・京福電車を乗り継ぎ、天龍寺に向かう。盤駒の確認して引き取り無事終了。関係者の皆様、おつかれさまでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3104-ce0fdb38