巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7625.jpg
DSCF7630.jpg
DSCF7633.jpg
DSCF7651.jpg
DSCF7653.jpg
DSCF7687.jpg
DSCF7663.jpg
DSCF7670.jpg
DSCF7672.jpg
DSCF7675.jpg
DSCF7680.jpg
DSCF7682.jpg
DSCF7686.jpg
DSCF7691.jpg
DSCF7695.jpg
10月14日(金)午後からは、折立指導員と共に第29期竜王戦七番勝負第1局(渡辺明竜王VS丸山忠久九段)の対局会場である京都嵐山「天龍寺・友雲庵」へ盤駒を持参。
盤は、第33期棋王戦第1局(佐藤康光棋王VS挑戦者・羽生善治二冠)の対局に使用して頂いたもので、両対局者の揮毫入りです。
駒は、宮松影水作・水無瀬一斉書。駒箱は、奥山正直作。駒袋は、兵庫県連会長・棋道師範の田畑壽修さんに作って頂いたものです。検分は、10分ぐらいで終わりましたが、今回は直前に挑戦者が変更になる前代未聞の出来事があり、何となく腫れ物に触るような雰囲気でした。

夕方からは、前夜祭会場の「京都ホテルオークラ」へ移動。約100名が参加。来賓に門川大作京都市長が出席。出演プロ棋士は、両対局者(渡辺竜王、丸山九段)、谷川会長、青野専務、井上理事(立会人)、福崎九段、佐藤九段、阿部八段、室谷女流二段などそうそうたる顔ぶれです。明日からの対局では、雑念にとらわれず盤面に名局を創り出していただきたいです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3102-93249aaa