巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7152.jpg
9月12日(月)15時過ぎからは大宅こども将棋教室です。

今日の大盤講座は、先手を持って「2八飛」と「8八角」のみで、相手王(5一王)を最短何手で詰ませられるかを挑戦してもらいました。

但し、詰将棋とは違いますので、王手はしなくてもよいルールです。と話しても、一手目を「3三角成」と王手をかけてしまいます。

一手目の正解は、王手をしない「2二飛成」。

「3三角成」は「王手は追う手」で、どんどん上部へ逃げられてしまいます。

この問題はシンプルで分かりやすく「王は下段に落とせ」「王は包むように寄せよ」を理解できる、良い指導方法だと思います。

講座終了後は、1年生3名からリクエストがあり3面指し8枚落ちの指導対局を行う。

今日は折立指導員がお休みで、福山先生に自由対局の見守りと指導をお願いしました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3072-d4014114