巖ちゃんの日々是将棋

8月23日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に、第57期王位戦七番勝負(羽生善治王位VS木村一基八段)第4局は、8月22・23日(月・火)に福岡県飯塚市「麻生大浦荘」で開催されていることを案内。

続いて、第64期王座戦五番勝負(羽生善治VS糸谷哲郎八段)第1局は、9月6日(火)に神奈川県横浜市「横浜ロイヤルパークホテル」で行われます。羽生3冠に取ってはタイトル防衛の正念場です。

大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・脇田初段VS後手・山本3級の対戦。序盤は相居飛車で対峙。先手が「ひねり飛車」からの「8六歩」の疑問手。後手が「8四歩」と、先手の飛車の捌きをとがめれば優勢になる大きなチャンスがあるも見送る。
続いて、角のにらみで優勢になる局面があったが見送る。終盤では、先手の駒が捌けて後手玉を寄せ切った一局でした。

一局の将棋には、必ずチャンスが巡ってきますが、このチャンスを見逃せば、相手の「悪手」が「好手」に変わることが分かり、勉強になった思います。

その後、熊本地震(4月14日)の被災者の方に元気を持ってもらう趣旨で、熊本市総合体育館で詰将棋を毎日1問出題されている、熊本県連・古橋会長の話をしてから、その詰将棋問題2問を出題。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」は「素抜き」「速い手・遅い手」の例題に沿って解説。あと1ヶ月で講座が終了です。
次回の6ヶ月講座は、10月~翌年3月です。講座の申し込みは、山科中央老人福祉センターへ来所での受付です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3056-8739d8d5