巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6841.jpg
DSCF6843.jpg
8月13日(土)の午後は山科・小野将棋教室。今回も夏休み休暇で1部、2部ともゆったりした雰囲気でした。

大盤講座は、村山聖八段の名局、第10期竜王戦1組・先手・名人・羽生善治VS後手・八段・村山聖の棋譜を並べて鑑賞しました。

序盤は横歩取りの戦形から、先手持ちの流れ。中盤に入ると、いつの間にか後手は矢倉囲いに組みかえ。終盤に入ると、後手の絶妙手「7五飛」から流れが変わり、先手の勝負手を後手が「1四角」の妙手で応酬。先手玉を鮮やかに寄せ切った。

命がけで勝負手を見つけ出す本能的な嗅覚が、真似が出来ない村山聖八段の独特のすごさと感じました。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の若林6級・大岡11級に6枚落ち、西出14級に8枚落ちでの指導。2部は村上1級に2枚落ち、藤戸1級に飛車落ちでの指導です。

<昇級記録>
大岡慶乃11級→10級(4勝1敗)
西出里菜14級→13級(3連勝)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3046-cd17e152