巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6773.jpg
DSCF6775.jpg
7月30日(土)の午後は山科・小野将棋教室。今日は夏休み休暇で1部が5名、2部が6名と久しぶりにゆったりした雰囲気でした。

大盤講座は、僕が20歳の時に初めて新聞棋譜に掲載された「夕京勝ち抜き戦」です。

先手・北奥純一郎二段VS後手・小野巖初段の棋譜を並べて解説。当時は居飛車党で、横歩取りの将棋です。

序盤は先手優勢も、中盤から勝ちを急いだ先手に「悪手」。その手を後手が「とがめ」、後手が駒得。終盤では一方的に攻めて先手を投了に追い込んだ一局。今から見ると、序盤のまずさが目に付きました。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の西出初段に飛車落ち、新開4級・田中5級に4枚落ち、新開10級・大岡11級に6枚落ちでの指導。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3036-e5cf1aee