巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6310.jpg
DSCF6314.jpg
DSCF6316.jpg
7月5日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日。
最初に将棋の話題。第67期棋聖戦五番勝負第3局は、挑戦者の永瀬拓矢六段が勝利。
対戦成績を2勝1敗とし、羽生棋聖をカド番に追い込んだ。
「第57期王位戦七番勝負第1局(挑戦者・木村一基八段)」は、本日から明日にかけて愛知県犬山市で開催。

大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・竹内6級VS後手・田中6級の対戦を解説。序盤は、先手が矢倉囲いを目指し、後手はカニ囲いから、右四間で対峙。

中盤では、後手の攻めが奏功し優勢。終盤で後手は素直に「6七歩成」と指しておれば、会心譜であったところ、「6五桂」の大悪手。一転して後手が指し切り筋に入った。

ところが、先手に、角を筋違いに成った「禁じ手」が出るも、双方とも気づかず続行。その後、後手が、先手の馬筋に「3八角」と打つ勝負手?が、先手が気が付かず形勢逆転し、後手が寄せ切った一局でした。

二転三転、波乱万丈の楽しい将棋でした。数の攻めの基本や相手玉を追い込んでから「質駒」を取り「詰めよ」に持っていく方法などが学べたと思います。

大盤講座終了後の「初めての将棋教室」のテーマは「遊び駒とは」「手番・持ち駒・駒得の効果」を例題に沿って分かりやすくゆっくりと解説した。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/3009-9e3d6713