巖ちゃんの日々是将棋

5月24日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。大盤講座は、阪田指導員と共に解説。先手・鳴田3級VS後手・馬場3級の対戦を解説。序盤は、先手が中飛車から美濃囲い、後手は居飛車舟囲いに王を囲う。中盤では先手が一歩損が響き後手優勢。先手も決め手を与えず粘る。終盤では、後手に美濃崩しの決め手があったが、堅実な手を選んだことにより、先手に勝負手のチャンスが巡ってきて二転三転しましたが、最後は後手が押し切った将棋でした。188手の大熱戦でした。攻めと受けのバランスやタイミングが参考になった一局でした。
初めての将棋教室の6ヶ月講座では「3手詰めの復習」「棋譜の見方」「初手の数・目的」を例題に沿ってゆっくりと解説した。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2970-0d0869af