巖ちゃんの日々是将棋

4月27日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館」へ出向く。平成28年度将棋教室の初回開講日です。10名の方が出席。最初に第74期名人戦第2局の全国一斉大盤解説会の話題。そこで今日の大盤講座は、第74期名人戦(羽生善治名人VS佐藤天彦八段)第2局」の熱戦譜をみなさんと共に鑑賞することとしました。
後手の羽生名人が駒得で優勢の展開も、終盤での寄せ合いでは双方共に秒読み。最後の最後で羽生名人が詰みを逃し、頓死筋にはまる大きなドラマがあり大逆転で佐藤八段が勝利。これで対戦成績が1勝1敗。5月12、13日(木、金)に鹿児島県鹿児島市「城山観光ホテル」で行われる第3局が大一番となり、楽しみです。
小休止のあと、小野、折立指導員が共に5面指しで指導対局。角落ち~6枚落ちでの駒落ち戦です。気づいた点は「攻めの組み立てに不備があり駒損になる」」「受けるべきところをしっかり受けていない」「王を下段に・包むように寄せてなく、中段王になり捕まえにくい」などです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2943-3fa43a07