巖ちゃんの日々是将棋

DSCF5320.jpg
DSCF5317.jpg
DSCF5325.jpg
DSCF5328-1.jpg
DSCF5332.jpg
4月23日(土)は、長野県松本市「ホテルブエナビスタ」で開催されている、第74期名人戦(羽生善治名人VS佐藤天彦八段)第2局2日目の全国一斉大盤解説会です。京都地区は「ひと・まち交流館京都」において、プロ棋士・安用寺孝功六段による大盤解説会および指導対局を実施しました。65名(支部会員37名・一般28名)の方が参加。
本日のスケジュール予定は、
13時30分~15時・・・大盤解説(第1回)
15時~17時・・・指導対局(当日受付・申し込み多数の為、抽選で5名の方に受けて頂きました。)
17時~18時・・・・・大盤解説(第2回)
18時~18時30分・・・・・・夕食休憩
18時30分~終局まで・・・・・大盤解説(第3回)。
終局まで解説をして頂く予定でしたが、残念ながら会場の都合で21持15分に途中終了せざるを得ませんでした。結果は、21時44分に双方秒読みの中、大熱戦。159手で先手の佐藤天彦八段が逆転勝利。大きな1勝を勝ち取りました。
要所で「次の一手」を3回実施して、みなさんに考えて頂き、正解者(多数の時は抽選)には、将棋書籍の賞品を15冊用意して贈呈しました。次の一手問題が正解で抽選に当たった運の良い方に対し、熊本へ運気を分けていただく主旨で熊本地震義援金お願いしました。おかげさまで、義援金は21000円+京都府連として30000円、京都会場合計で51000円が集まりました。日本将棋連盟(朝日・毎日新聞社)通じ、全額被災地の活動資金として使用していただきます。募金活動へのご協力ありがとうございました。安用寺孝功六段、役員の皆様おつかれさまでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2940-2d85b8ed