巖ちゃんの日々是将棋

3月24日(木)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館」へ出向く。最初にタイトル戦の話題です。王将戦七番勝負は、郷田真隆王将が4勝2敗で挑戦者の羽生善治四冠を下しタイトル初防衛を果たす。棋王戦五番勝負も、渡辺明棋王が3勝1敗で挑戦者の佐藤天彦八段を下しタイトル防衛し4連覇を果たす。永世棋王にあと1期です。
2時間の将棋講座のうち、今日はテストケースとして大盤講座30分を目途とし、その後の指導対局が2回対戦が出来るように配慮しました。
大盤講座は「香車の攻め・受け」のプリントに沿って解説。小休止のあと、小野、折立指導員が3面、4面指しで指導対局。角落ち~6枚落ちでの駒落ち戦です。気づいた点は、「攻めは鋭いですが、寄せで切れ模様になる」「受けるべきところをしっかり受けてから、攻めにに転じることが出来ない」などです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2915-5ca04a4a