巖ちゃんの日々是将棋

2月9日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室に向かいました。
今回は女流棋士の話題。高浜愛子女流3級(31)が5日、東京将棋会館で行われた第43期岡田美術館杯女流名人戦予選2回戦の中村桃子女流初段(28)戦に先手番の141手で勝ち、規定を満たして同日付で女流2級に昇級した。
勝てば正式な女流棋士、敗れれば現役引退。高浜は将棋史上でも異例と言える大勝負を制し、夢を叶えた明るいニュースです。
大盤講座は、阪田進指導員とともに解説。先手・稲葉9級VS後手・浜8級の対戦です。序盤は後手が四間飛車から美濃に王を囲い、先手が居飛車左美濃に玉を囲う。ところが、先手の「2四歩」に対し、後手は「同歩」のところ、「8二銀」と王の囲いを優先した。今度は、先手が当然の「2三歩成」のところ「2三歩不成」と指したため、後手は九死に一生を得る。これを契機に棋勢の流れが後手に傾き、終盤では、駒得が大きく後手が先手玉を寄せ切った一局でした。お二人とも、王を囲うことは良かったのです。ただ駒がぶつかった局面での優先順位の対応が勉強になったと思います。これからも実戦を多く積んでもらいたいです。その後は、詰将棋問題を2問出題。
初めての将棋教室では「将棋の格言」についての例題を並べて解説。実戦での活用を期待しています。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2876-94df09e8