巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3176.jpg
DSCF3179.jpg
DSCF3181.jpg
DSCF3186.jpg
DSCF3188.jpg
1月9日(土)午前中は今年最初の「ももやまこども将棋教室」開講日です。いつものように木下博視先生と共にももやま児童館へ向かう。36名が受講。年末の教室において、冬休みに将棋書籍1冊を熟読するように薦めましたが、実行出来た人を確認。「継続は力なり」です。これからも頑張りましょう。
大盤講座は、平手将棋の指し方を「女流王座戦五番勝負第5局」先手・加藤桃子女流王座VS・後手・伊藤紗恵女流二段の棋譜を並べて教材としました。駒を動かすことで相手と対話をしていること・王の囲いの重要性・勝負所での手筋・攻めか受けかの選択・終盤での速度計算などの解説を交えながら鑑賞しました。
講座終了後は、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦を行う。合間には3名に6枚落ち指導対局対局を行う。これからも指導対局を続けるので、チャレンジするように話しました。
<昇級記録>
エマミ貴也5級→4級(9勝2敗)、岡大貴9級→8級(4連勝)、泉琳太郎15級→14級(3連勝)、中川駿19級→18級(3連勝)、阿部浩士19級→18級(3連勝)
DSCF3192.jpg
DSCF3193.jpg
13時30分からは、今年最初の山科・小野将棋教室。1部が12名、2部が10名。本日より新入会として西村啓佑君が来てくれました。大盤講座は「第5期女流王座戦五番勝負第5局」先手・加藤桃子女流王座VS・後手・伊藤紗恵女流二段の棋譜を並べて解説。序盤は、先手が矢倉引き角から先攻。後手は金銀4枚でで玉を固め反撃。両者とも積極的な指し方で前に出る気持ちがぶつかり合う展開。終盤で先手が唯一受けに出た「5九桂」が勝敗を分けた疑問手。この一瞬のスキをついた後手の指しまわしが手筋満載で見事でした。後手の伊藤挑戦者が勝利し、対戦成績を2勝2敗1持将棋とした。その後、1月6日(水)に東京都渋谷区「将棋会館」で行われた第5期リコー杯女流王座戦五番勝負(加藤桃子女流王座vs伊藤沙恵女流二段)第6局は、加藤女流王座が勝ち3勝2敗1持将棋で防衛した。
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の伊藤14級・小川14級・西村15級に6枚落ちでの指導対局。2部では、野口二段に平手で、小川1級に飛車落ちでの指導対局です。
<昇級記録>
大岡慶乃14級→13級(3連勝)
西村啓佑15級→14級(3連勝)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2853-5196f501