巖ちゃんの日々是将棋

12月22日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初に、将棋界の話題です。第29期竜王戦1組が開幕。開幕局は羽生善治四冠VS久保利明九段。ゴキゲン中飛車で久保九段が勝利。王将戦プレーオフでの借りを返した。羽生四冠は出場者決定戦からの出直しで竜王戦挑戦に厳しい状況となった。それと、来年は1月に王将戦、2月には棋王戦のタイトル戦が開催されることを話しました。
大盤講座は、阪田進指導員とともに解説。先手・脇田初段VS後手・廣田3級の対戦です。先手の四間飛車に対し、後手は居飛車から角交換を避け持久戦を目指したかと思いきや、右四間から反撃したのが裏目に出る。終盤では王形の差が大きく、先手が寄せ切った一局でした。王の囲い、仕掛けのチャンス、争点を作らないなどが参考になったと思います。その後、詰将棋3問出題。全員で頭の体操です。
大盤講座のあとは、初めての将棋教室です。今回は僕と山本5級との二枚落ち戦を観戦してもらいました。感想戦では、平手感覚で指すのであれば、王をしっかりと囲い、駒損をしないように心掛け、上手の駒との交換を狙う。いつまでも自重せずに勝負所では、多少駒損しても思い切って大駒の捌きを狙う。などを解説しました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2839-00fe19dc