巖ちゃんの日々是将棋

12月8日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初は将棋タイトル戦の話題です。
第28期竜王戦七番勝負(糸谷哲郎竜王VS渡辺明棋王)第5局の大一番は渡辺棋王が勝利し通算成績4勝1敗で竜王のタイトルを奪取。
第65期王将戦挑戦者決定リーグ最終局プレーオフが12月4日(金)に東京都渋谷区「将棋会館」で行われ、羽生善治名人が久保利明九段を下し、郷田真隆王将の挑戦者となった。
12月6日(日)に東京都台東区「国立科学博物館」で行われた第1期叡王戦決勝三番勝負(郷田真隆九段VS山崎隆之八段)第1局は、山崎八段が先勝。第2局は12月13日(日)に「京都国立博物館」で行われます。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・竹田3級VS後手・鵜頭4級の棋譜を並べて解説。先手がいつもの四間飛車とせずに居飛車戦法を取ったのに対し、後手は石田流三間飛車で対峙。中盤では後手が大捌きで優勢になる手を見送ったため、互角の形勢。終盤では、後手の勝負手を先手が対応を誤ったため、後手の寄せが一気に決まった一戦でした。勝負所での腰を据えた読みが一局の将棋を左右することを実感でき参考になったと思います。
大盤講座のあとは、初めての将棋教室です。攻め駒の直撃を防ぐ合い駒、速い手・遅い手、攻め合い、合い駒による詰みと逃れ、などを解説しました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2830-61ce20d7