巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2877.jpg
DSCF2878.jpg
12月1日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初は将棋界の女流棋士タイトル戦の話題です。加藤桃子女流王座に伊藤沙恵女流二段が挑戦する第5期リコー杯女流王座戦五番勝負の第3局は、11月28日(土)に大阪市「芝苑」で行われ、284手で持将棋が成立し、引き分けとなりました。この結果、対戦成績は両者1勝1敗1引き分けとなり、12月11日(金)に東京・渋谷区「将棋会館」で第4局が行われます。それと、第28期竜王戦七番勝負(糸谷哲郎竜王VS渡辺明棋王)第5局の大一番は、12月2、3日(水、木)に山梨県甲府市「常磐ホテル」で行われます。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・井上5級VS後手・野間6級の棋譜を並べて解説。先手の棒銀に対し、後手は中飛車で対峙。双方とも玉を囲い合うと思いきや、後手が捌かしてはいけない「先手の棒銀」との交換に「3五銀」と出た悪手。それをとがめた先手が一気に優勢となる。中盤から終盤の入り口で、後手に悪いながらも飛車の取り合いとなる「3六歩」の勝負手が最後のチャンスだった。それを逃してからは、先手の独壇場で堅実に後手王を寄せ切りました。
捌かしてはいけない棒銀に働きかけたこと。劣勢のときの勝負手を繰り出す感覚(相手に楽をさせない「いやな手」を指す感覚)。等が参考になったと思います。
大盤講座のあとは、初めての将棋教室です。今日は妹尾さん、山本さんとの二面指し2枚落ち戦の指導対局です。今日は、上手のミスもありましたが、下手にうまく指されました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2824-e3f59259