巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2691.jpg
DSCF2698.jpg
11月26日(木)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館」へ折立指導員と共に出向く。平成27年度8回目の将棋講座。9名が受講。いつものように、聴覚障害の受講者の方に話を伝えてもらうため「手話ボランティア」の方に横についてもらってます。最初に将棋界の話題です。竜王戦が第4局まで終了し、3勝1敗で挑戦者の渡辺棋王が糸谷竜王をカド番に追い込んでいること。第5局は12月2、3日(水、木)に山梨県甲府市「常磐ホテル」で開催。女流棋士のタイトル戦では、里見女流三冠が倉敷藤花のタイトルを奪取。これで、女流名人・王位・王将と合わせて四冠となったこと。今後、奨励会同士の加藤桃子女流二冠(女流王座・女王)との対戦が楽しみとのことを話す。
今日の大盤講座のテーマは、多くの方が苦手な「正確な受け方」「詰めろを防ぐ」です。中合い、王の早逃げなど手をかせぐ高等テクニックの問題を解説。その後、プリント問題6問を配布。3問を符号で解答を求め、3問は宿題としました。
小休止のあと、小野が4面指し、折立指導員が5面指しで指導対局。駒落ち戦でも、駒損しないように、玉をしっかりと囲い、一局の将棋を大切に考えて指す気持ちを意識してもらいたいと感じました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2819-eccc84e1