巖ちゃんの日々是将棋

11月24日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初は将棋界の女流棋士タイトル戦の話題です。23日(月・祝)に岡山県倉敷市「芸文館」で行われた、第23期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負(甲斐智美倉敷藤花VS里見香奈女流三冠)第2局は、里見女流三冠が勝ち2勝0敗で倉敷藤花のタイトル奪取。これで、女流名人・王位・王将と合わせて四冠となった。今後、奨励会同士の加藤桃子女流二冠(女流王座・女王)との対戦が楽しみです。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・馬場3級VS後手・竹田3級の棋譜を並べて解説。双方とも序盤から中盤にかけては申し分なく見事な駒組でした。しかしながら、後手が「5二金左」と指すべきところを手順前後に「5四歩」と突いた手が、角打ちのスキを作った悪手で形勢が一気に先手優勢となった。その後、後手にも逆転のチャンスが巡ってきたが、気付かず、終盤では先手が駒得を活かした堅実な寄せで勝利。今日の将棋は中盤でスキを作らない指し方がポイントでした。
大盤講座のあとは、初めての将棋教室です。今日は山本さんとの2枚落ち戦の指導対局です。下手の中盤での指し方に疑問手があり、駒損が大きく、本来の力が出し切れない展開になりました。感想戦において指摘した、上手に対しては駒損を避けながら駒の交換を狙う・大駒の捌きを狙う・などが参考になったと思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2818-fd6d7742