巖ちゃんの日々是将棋

DSCF1763.jpg
DSCF1766.jpg
DSCF1767.jpg
10月31日(土)午前中は、ももやまこども将棋教室の開講日です。大盤講座は、入門・初級向けの駒の動き、駒の損得の解説です。中級から上級・有段者については、その間に少し難しい詰将棋6問のプリントを配布しよく考えて解くように話す。時間内に出来なかったら宿題としました。将棋が初めての4名については、木下先生に指導をお願いしました。駒の動きを知っている新規受講生は、三面指しで六枚落ちでの指導を行い棋力認定の判断としました。順次、棋力認定が出来た時点で「対局カードによる駒落ち対戦」を実施していきます。それまでは、自由対局で交流戦を楽しんでもらいたいです。
DSCF1768.jpg
DSCF1771.jpg
1時30分からは、山科・小野将棋教室。大盤講座は、第63期王座戦(羽生善治王座VS佐藤天彦八段)第5局の棋譜を並べて鑑賞しました。将棋の内容は、横歩取りの戦形から後手の佐藤八段が端攻めを敢行したのに対し、先手の羽生王座が反撃。飛車切りから細い攻めをうまくつなぎ、後手に立ち直りの間を与えずに見事に寄せ切り、後手を投了に追い込みました。羽生王座防衛です。
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の村上1級に2枚落ちで、竹下4級に4枚落ちで、新開さわ14級・伊藤光志朗15級に8 枚落ちでの指導。2部では武田1級・小川1級に飛車落ちで、山下三段・西塚三段に平手での指導です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2802-5d0ca6aa