巖ちゃんの日々是将棋

10月20日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。いつものように最初は将棋界の話題です。
10月15、16日(木、金)に富山県黒部市「宇奈月国際ホテル」で行われた第28期竜王戦七番勝負第1局(糸谷哲郎竜王VS渡辺明棋王)は、糸谷竜王が先勝。第2局は、10月29・30日(木・金)に北海道札幌市「京王プラザホテル札幌」で開催。王座戦五番勝負第5局(羽生善治王座VS佐藤天彦八段)の大一番と共に注目の一戦です。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・馬場2級VS後手・廣田2級の棋譜を並べて解説。序盤は先手四間飛車、後手中飛車の相振り飛車から双方とも玉を美濃にしっかりと囲い、中盤戦に突入する。中盤では後手に大きなチャンスがあったが、先手の対応が素晴らしく互角のまま終盤戦。終盤では後手の錯覚で銀損となり、一気に均衡が崩れて先手の寄せが決まった一戦でした。序盤の駒組は双方とも申し分なく見ごたえがありましたが、勝負所での踏み込みが課題。学ぶところが多くあった将棋でした。
大盤講座のあと、初めての将棋教室は、持ち駒を打つ・駒を成る・王手と詰み・禁じ手のルールの解説です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2793-5763b93b