巖ちゃんの日々是将棋

10月6日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初に将棋界の話題です。
王座戦五番勝負第4局(羽生善治王座VS佐藤天彦八段)は、本日、宮城県仙台市で開催。羽生王座がカド番を跳ね返すか、佐藤八段が王座のタイトルを奪取するかの大一番です。それと、竜王戦七番勝負第1局(糸谷哲郎竜王VS渡辺明棋王)が、10月15・16日(木・金)に富山県黒部市「宇奈月国際ホテル」で行われます。注目の一戦です。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・田中6級VS後手・野間6級の棋譜を並べて解説。序盤から波乱含みの駒組み。居玉や手順に双方とも問題がありました。中盤に入り二転三転。終盤では後手に大きな見落としがあり、あっけなく終局。先手の悪手を後手がとがめなかったため、好手に変わったこと、壁銀を解消し王を囲ってから、仕掛けることなどの課題があり、勉強になった一局でした。
大盤講座のあと、初めての将棋教室は初回開講日。今日は7名の看護学生が実習で来ていました。伝統文化としての将棋、将棋の歴史、対局マナー、駒の並べ方、マス目の呼び方、駒の名前と種類などを話し、受講生と一緒に、学んでもらいました。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2783-aeaa77e1