巖ちゃんの日々是将棋

9月15日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターで「将棋講座・初めての将棋教室」。最初に将棋界の話題です。
竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局(渡辺明棋王VS永瀬拓矢六段)の大一番は、昨日に将棋会館(東京)で開催され、渡辺棋王が勝ち2勝1敗で糸谷哲郎竜王への挑戦権を得ました。七番勝負第1局は、10月15・16日(木・金)に富山県黒部市「宇奈月国際ホテル」で行われます。注目の一戦です。
大盤講座は阪田進指導員と僕で解説。先手・小谷8級VS後手・小林8級の棋譜を並べて解説。序盤はお互いに矢倉囲いを目指しての駒組み。ただ手順に双方とも問題がありました。中盤では後手が「この一手」の局面で他の手を指したため、先手が銀得になり勝負あったかと思いきや、ここから二転三転しながら終盤戦に入る。終盤では先手が後手玉を鮮やかに詰まし勝利。
序盤の駒組み手順と中盤での勝負所において「しっかりとした受け」と「次に厳しい狙いを持った手」が学べた将棋でした。
大盤講座のあと、初めての将棋教室は最終回(22回目)。8枚落ち及び6枚落ちでの実戦指導です。端の破り方(数の攻め)、上手王の寄せ方を学んでもらいました。10月からは6ヶ月講座がスタートします。ご希望の方は、山科中央老人福祉センターへ申し込みください。
http://sukoyaka.hitomachi-kyoto.jp/yamasinachuo.html
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2764-fa4bef5a