巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0933.jpg
DSCF0935.jpg
8月15日(土)午後からは「山科・小野将棋教室」を開講。大盤講座は「第56期王位戦七番勝負第3局・先手・広瀬章人八段VS後手・羽生善治王位の対戦を鑑賞。戦形は後手番の羽生王位の注文で横歩取り8五飛車戦法。未知の中盤戦が長く続き、難解な終盤戦へ突入。明快な勝ち筋が見えた瞬間に羽生王位らしからぬ「6七銀」の大悪手。土壇場での逆転劇を物にした広瀬八段が勝利。通算成績を1勝2敗とした。「将棋は逆転のゲーム」であると言うことをつくづく思った。
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、伊藤光志朗15級に8枚落ちで、坂拓実5級・松村朔弥10級・若林朔太郎12級に6枚落ちで指導。2部では、井上駿初段に飛車落ちで、井上翼初段も飛車落ちで指導。本日の昇級者は、1部の若林12級が3連勝で11級に昇級。おめでとう。これからも頑張りましょう。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2739-0b5dc5f5