巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0377.jpg
DSCF0380.jpg
DSCF0382.jpg
DSCF0384.jpg
7月5日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第127回将棋教室を「京都市東部文化会館」で開催。67名(大人35名、こども32名)の方々に参加していただきました。最初に「本日は浦野真彦八段にお越し頂き、新刊「7手詰めハンドブックⅡ」の販売と指導対局お願いしています。3手詰め・5手詰めハンドブックⅡを含めて、購入者は優先的に指導対局を受けられます。」と話しました。おかげさまで、33冊を購入いただきました。ありがとうございました。
今回は須藤さん、緒方さん、伊藤君、西出君が支部会員に入会しました。4名増加して支部会員は118名です。
続いて恒例の浦野八段を囲んでの記念写真を撮りました。その後、浦野八段による6面指し指導対局と並行して、対局カードによる駒落ち対戦です。また小森幹事補佐に手合い係りをお願いし、折立指導員、阪田指導員には初級者の指導をお願いしました。、今日の昇級者は4名です。井上翼1級が10勝1敗の成績で初段に、服部篤志11級は4勝1敗で10級に、服部悠介12級も4勝1敗で11級に、大田川由青13級は3連勝で12級にそれぞれ昇級、昇段。おめでとう。これからも精進を積んで更なる目標を目指しましょう。
DSCF0389.jpg
将棋大会終了後、17 時過ぎからは「和食のサト」で支部有志による浦野八段を囲んでの懇親会を開催。阪田進幹事長の進行で、スピーチを順番にお願いし、楽しいひと時でした。浦野先生、みなさま、長時間おつかれさまでした。
スポンサーサイト

 初心者から高段者まで混じっているので、手合い係は大変なのが改めてわかりました。そこで、いろいろ考えてみました。
 最初の出席者が確定したら、有段者は4人組を無作為につくって、一つのテーブルでリーグ戦方式で三局指すことにして、進行はテーブルリーダーに任せます。1:15に一回戦を始めることができたら、持ち時間25分でも、4時前にはおわるので、全員三局させます。
 級位者は、いままでどおりです。
 さらに、今日はOさんがされていましたが、できれば初心者の子供たちは、最初の1~2時間は、指導対局的な時間、勉強の時間にしたらどうでしょうか。
 その他、有段者のリーグ戦方式との関係で、4時から、X段に6枚落ちで勝てたら11級、X+1段に勝てたら10級などといったコーナーを設けるのはどうでしょう。初心者卒業テストです。
 将棋を楽しんで棋力向上を図りながら、機能的に世代交流もできると思うのですが。
 

2015.07.06 01:15 URL | こもり #- [ 編集 ]

昨日は、手合い係、おつかれさまでした。また、このたびは貴重な提案をいただき、ありがとうございます。じつは、昨日の懇親会終了後に役員有志でコーヒーを飲みながら、今後の支部運営についての意見交換を行いました。手合い係の軽減策、初心者の子どもたちの指導、プロ棋士指導対局についてなどが話題でした。今回の提案を踏まえて、役員会を開催し支部運営についての改善を図りたいと思っています。今後ともよろしくお願い致します。

2015.07.06 08:13 URL | 将棋のがんちゃん #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2702-d2f0d945