巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0355.jpg
DSCF0356.jpg
7月3日(金)午後からノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。廊下には6年生が1年生のために作った図工の授業での作品が展示されていました。
大盤講座は「終局の形を覚えよう」の解説です。「金銀を打って詰ます」「桂香を打って詰ます」「大駒を打って詰ます」の例題を示し、詰みの基本は頭金など終局の形を理解してもらう。次に、持ち駒によっては「詰まない形」があることも解説する。その場合、実戦では長手数の詰みを考えずに、相手玉に「詰めろ」から「必至」をかければ一手勝ちになる読みも必要と話す。
DSCF0359.jpg
大盤講座のあとは、おまちかねのトーナメント対局の時間です。並行して3面指しで8枚落ちでの指導を行う。上手の端を「数の攻め」で破り、大駒を成り、成香を活用して上手王に迫る指し方を身につけて上手王を詰ませれば8枚落ちは卒業です。頑張って、どんどん卒業してもらいたいです。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ganchansyougi.blog72.fc2.com/tb.php/2700-d2bb764a